理想の料理

料理のことについて今日は、考えていました。自炊の割合を増やしていきたいと思ったからです。外食では外国産の食材のニュースがよく報道されてきています。昨日もデザートのアイスでそんなニュースが流れていました。食の安全といったものが少し軽視されすぎているような気がします。あまりにも毎日の大切な食というものを人任せにしすぎたツケを今払うことになっているように思います。仕事として厳しい農業に従事する人が少なくなってきていることもそうです。
できるだけ素材から確認して、安心して料理を食べたいと思っただけで別に料理というものを難しく考えているわけではありません。
私は、食材の中でいちばんおいしいと感じるものはお米です。それぐらい好きなものなので、お米はスーパーなどでは買わないで、直接農家の方から購入するようにしています。30キロの玄米を単位として購入しています。農家の方も直接購入してくれれば、利益を少しは多くとれるので喜んでもらえます。
ご飯を炊いて、みそ汁かスープを作って、野菜を煮込んで、魚あるいは牛、豚、トリ肉を用意する。それに海藻、マメ類、乾物を付けて、漬け物を加えれば、ほぼ栄養的には理想といえると思います。