月別アーカイブ: 2014年9月

子供時代の夢と大人になった今

昔、あるアニメが大好きでした。そのアニメは魔王を倒しに行く勇者と魔法使いの話だったのですが、その魔法使いの女の子に憧れたんです。
自分も彼女みたいに魔法が使いたくて、彼女が描く魔法陣をノートの隅や校庭に描いたこともあります。地面に描く時は傘を使ったのですが、すると杖で魔法陣を描く彼女に近い形になり、楽しかったのを覚えています。
もしかしたら魔法が使えるかも、使えたらいいなとよく感じました。
大人になった今、魔法が使えるとは思いません。だけど魔法が使えたらいいなとは未だに思います。
子供っぽいかもしれません。しかし今の社会で生きるのは大変です。だからそんな夢をこっそり抱くくらいの自由はあっていいはずだと思います。
大人になると夢を忘れてしまうのが常かもしれないけど、それでも昔感じた願いを密かに抱き続けたいです。
それは現実逃避かもしれないし、生きるための心の支えかもしれません。でも心の支えになるなら、こんな子供っぽい夢があってもいいですよね。

図書館にて映画のDVDを借りてきました

今日は、地元の図書館にてDVD借りてきました。図書館にてDVDを借りるのは日課なんです。一週間だけ無料で借りれる素敵なシステムで映画やアニメ、テレビドラマ、それから舞台や踊りのDVDまでさまざまな資料としてあるんです。私は、ちなみに映画が大好きなのでいつも映画作品を借りています。でも、無料のためめちゃくちゃ人が多くて借りるのも一苦労なんです。そして、そんなDVDを借りている理由がありまして、もちろん無料だってことも多いのですが昔の映画とかがたくさん置いてあるのです。さらに落語だったり、海外のオペラやバレエの舞台のDVDもたくさん扱っているのでいつも借りています。今日は、映画を普通に借りただけなんですけどね。こう暑いとどこかで出かけるよりもおうちでDVDを見て勉強したほうが素敵な一日になります。しかも、今、勉強熱が上がっているため返却期日が一週間でいつも私はギリギリに返すような感じだったのですが、近頃は二日間ぐらいで見て図書館に通いづめになっています。このまま行くと図書館の資料を全部コンプリートしちゃいそうです。